この記事の所要時間: 34

【ICO関連】bitrust token 取引所トークン
【ICO関連】bitrust token 取引所トークン

どうも。しゅんいちろーです。


以前ラインアットで配信したICO情報についてまとめていきます。


仮想通貨取引所独自トークンの特徴については以前記事にしましたので


まだ読んでいない方はどうぞ〜


仮想通貨取引所独自トークンについて BNB KCS QASH

仮想通貨取引所トークンのICO bitrust token

仮想通貨取引所トークンのICO
仮想通貨取引所トークンのICO

ラインアットから詳細を知りたいという方にはお話ししたのですが


今回のICO案件はbitrust tokenという案件でした。


今年2018年6月に設立予定の「bitrust」という取引所で使用されます。

取引所bitrustの特徴

bitrustは日本人が代表取締役社長についており、株式会社3社間でチームを発足し開設に向けて動いています。


(日本人だからどうってことはないですが、なんとなく時間や日程は守ってくれそうですよね)


仮想通貨は全体的に期日などは守られずに遅れるイメージあります笑


また、他の取引所ではあまり上場していないコインの上場が内定しているということも聞いています。

bitrust tokenの特徴とは

取引所で使用できるトークンと言えばバイナンスのBNBが有名ですね。


bitrust tokenの特徴もBNBのような使われ方をします。


第一に取引所内での取引手数料をbitrust tokenを使うことによって50%安くすることができる点。


第二に取引所へ新規上場するコインの投票などに使われます。


最後に新規に取引所へ上場するコインエアドロップという形でトークンの保有数に応じてもらうことができます。


また、トークンの発行枚数は10億枚を予定しており


うち20%を運営がロックアップしたのちICO終了時点でバーンします。

bitrust tokenのプレセール開始日

4月にはwebサイトを一般公開しSNSにて発信開始し


トークンのプレセールは2018年5月1日から開始される予定です。


ハードキャップ4億円ということで他のICOと比較するとかなり少ないですね。


【ビットコイン】用語解説(マスターノード、バーン編)

ICO購入のタイミングについて

取引所は6月に開設予定で、開設と同時にトークンが上場します。


過去、記事にしたスピンドルは2017年の11月にプレセールが始まり、


2018年の6~8月に上場予定だそうです。


スピンドルに比較すると今回のICO案件は資金の拘束期間が短いというのも


しゅんいちろーがこのICOに参加した理由です。


いまはしゅんいちろーからbitrust tokenを紹介をすることはできませんが


興味がある方は5月に行われるプレセールで買ってみてはいかがでしょうか?


ICO案件 SPINDLE 大城 ガクト
ICO スピンドルの経過とこれから GACKT

それではまた!!


ラインアットを作りました。
ビットクラブのセミナー日程やブログ更新といった情報を発信しています。
マイニング投資に興味を持った方やビットクラブについてもっと詳細を知りたい方はこちらから!
その他、暗号通貨の質問受け付けてます!
友だち追加