この記事の所要時間: 1133

ビットクラブでGPUマイニングできるアルトコインの特徴
ビットクラブでGPUマイニングできるアルトコインの特徴

どうも。しゅんいちろーです。
有名なアルトコインの特徴について簡潔にこちらでまとめてありますので
まだ読んでない方はこちら

イーサリアム Ethereumとは

通貨名(通貨単位):イーサリアム(ETH)
開発組織:Ethereum Foundation
時価総額ランキング:第2位

その他、時価総額ランキングは確認することができます。
時価総額ランキング

イーサリアム Ethereumの特徴

ビットコインを仮想通貨の王様とするならイーサリアムはアルトコインの王様です。


というのもイーサリアムはスマートコントラクトをブロックチェーンに組み込むことで


だれでも参加可能のアプリケーションを作成することができるプラットフォームとなっていることから


アルトコインの王様と言われています。

スマートコントラクト

ビットコインはブロックチェーンによってその取引がちゃんとしているかを確認しています。(マイニング)


大してイーサリアムのスマートコントラクトは作成したアプリケーションが正しく作動させることを可能にしました。


難しくてよくわからないので日常を例にしますね。


スマートコントラクトはよく自動販売機に例えられます。


自動販売機をつかうには


お金を入れて、ほしい飲み物のボタンを押す。


この二つの行動だけです。


この取引には契約書はありません。


お金を入れて、ほしい飲み物のボタンを押すという行動が


契約となって実行されます。


たまにお金を入れても飲み物出てこないことがありますけど


わざわざ飲み物買うのに契約書を書いていられないですよね!笑

イーサリアム Ethereumの活用事例

イーサリアムはアルトコインの王様という理由として


イーサリアムはICOのコインのベースとなっていることが多いからです。


ICO以外に大企業もイーサリアム団体と連携しプロジェクトの開発を行っているので


今後注目される通貨の一つであることは間違いないですね。


仮想通貨イーサリアムの企業連合、三菱UFJ・トヨタも参加

イーサリアム Ethereumのまとめ

2017年は仮想通貨元年と呼ばれていました。


今年2018年はICO元年と一部では呼ばれています。


イーサリアムベースのICOが成功すればイーサリアムに注目されますし、


アルトコインの王様ということからもビットコインに次いで


安心できる投資先と言えるのではないでしょうか?

イーサリアムクラシック Ethereumとは

通貨名(通貨単位):イーサリアムクラシック(ETC)
時価総額ランキング:第16位

その他、時価総額ランキングは確認することができます。
時価総額ランキング

イーサリアムクラシック Ethereum Classicの特徴

イーサリアムがハードフォークすることによって生まれたコイン


The DAO 事件と呼ばれるハッキングがきっかけで


イーサリアムよりもセキュリティが向上しています。


非中央集権が特徴です。

The DAO 事件

The DAOとはイーサリアム上のプロジェクトで使われるトークンで、


イーサリアムのスマートコントラクトを悪用されて360万ETHをハッキングによって


盗まれたという事件です。

イーサリアムクラシック Ethereum Classicの活用事例

イーサリアムクラシックの性能としては基本的にイーサリアムと変わりません。


イーサリアム同様にスマートコントラクトを採用をしています。


また相場変動もイーサリアムに大きく影響を受けますし、与えています。


セキュリティー向上のため非中央集権型のコインとなっているので


拡張性がなくなっている点もあります。


非中央集権型と中央集権型のコインについてはこちらでまとめています。




イーサリアムより拡張性がなくなっているものの


イーサリアムクラシックはセキュリティや非中央集権型の考えを重視している強みを利用した


プロジェクトや開発、ICOなども進められているので今後の値動きについても注視していかないといけないですね。

ジーキャッシュ Zcashとは

通貨名(通貨単位):ジーキャッシュ(ZEC)
開発組織:Zcash Foundation
時価総額ランキング:第24位

その他、時価総額ランキングは確認することができます。

時価総額ランキング

ジーキャッシュ Zcashの特徴

ジーキャッシュはモネロやダッシュと同様に匿名性が強い通貨です。


また発行枚数が2100万枚、ブロック間隔が約10分、半減期4年と


ビットコインとも似ている点があります。


ジーキャッシュはゼロ知識証明という取引方法を採用している点が強みです。

ゼロ知識証明とは

自分の情報の中身を他人に知られることなく、


他人にその知識は確かに存在するということを証明する方法です。


例えるなら

私がしゅんいちろーってことを、しゅんいちろーを使わずに伝えたら、


他の人には私がしゅんいちろーってことはバレないみたいな感じですかね。


(間違っていたらすみません)


ゼロ知識証明はこちらのサイトを参考にしました。

ジーキャッシュ Zcashの活用事例

ジーキャッシュは同じような匿名性の強いダッシュやモネロよりよりも


匿名性の強い通貨です。


ビットコインが仮想通貨の王様、


イーサリアムがアルトコインの王様とするなら


匿名通貨の王様はジーキャッシュですね。


ジーキャッシュも匿名通貨ということで


裏でしばしば使われるコインですが


ジーキャッシュ Zcashは大手銀行JPモルガンと連携を行っており、


さらにイーサリアムにジーキャッシュの技術を提供しています。

ジーキャッシュ Zcashのまとめ

ジーキャッシュは匿名通貨の中ではトップレベルに匿名性の強い通貨である。


JPモルガンとの連携やイーサリアムへ技術提供など


ゼロ知識証明の技術は優れているため今後の成長に期待できます。

モネロ MONEROとは

通貨名(通貨単位):モネロ(XMR)
開発組織:Monero Project
時価総額ランキング:10位

その他、時価総額ランキングは確認することができます。
時価総額ランキング

モネロ MONEROの特徴

まずモネロの特徴として真っ先に出てくるのは匿名性の高さです。


ビットコインは誰から誰に取引があったか透明化されています。(暗号化されていますが)


しかしモネロにはリング署名が採用されています。


またモネロは匿名性がまだってますが取引スピードも


ビットコインの5倍のスピードがあります。

取引方法リング署名とは

リング署名とは複数人で一つのグループを作ります。


そしてモネロの取引をグループ間でのものとし、複数人の署名をまとめることによって


匿名性を高めています。


グループAからグループBにモネロが取引されたことはわかるけど


グループAの誰がグループBの誰に送ったかまでははっきりわからないというわけです。

モネロ MONEROの活用事例

モネロはダッシュ、ジーキャッシュとともに匿名3兄弟とも呼ばれています。


最近ではコインチェックがネムを大量に盗まれましたが


マネーロンダリング目的やダークネットマーケットで売りに出されていたそうです。


モネロはその匿名性の高さでそのようなサイトで利用されることもしばしばあります。

モネロ MONEROのまとめ

過去に悪い取引として使用されてきた面があるモネロですが


裏を返せば便利ということで、匿名性が高いということは


それほど今の時代、需要があるということです。


もともとは利用者のプライバシーを守るための機能がこのような使われ方を


されるのは残念ですが法規制が進んでモネロが今後どのような扱いになっていくか楽しみですね。





p.s
コインチェックのような大きなハッキングがおこると


モネロやダッシュ、ジーキャッシュのような匿名性の高いコインに注目が集まります。


事件の前後で匿名性の強い通貨の値動きを見てみるのも面白いかもしれないですね。


ダッシュ DASHとは

通貨名(通貨単位):ダッシュ(DASH)
開発組織:Evan Duffield
時価総額ランキング:第12位

発行上限枚数:2,200万枚


その他、時価総額ランキングは確認することができます。
時価総額ランキング


過去にダッシュはダークコイン(Darkcoin)という名前でした。

変更されて今の名前になりました。

ダッシュ DASHの特徴

ダッシュ DASHはマスターノードを建てることができます。


1,000ダッシュが条件のようなので資金がある方は是非!


【ビットコイン】用語解説(マスターノード、バーン編)


ダッシュは送金スピードと匿名性が強い通貨で


coinjoin方式を採用しています。


他にもダッシュは決済手段目的としています。

coinjoin方式とは

モネロのリング署名と似ていますがcoinjoin方式も複数人と複数人でやり取りをする形をとっています。


複数人の送金分のダッシュを一旦別の場所に置いて、


ちゃ混ぜにしてわからないようにしてから送金先へ送る仕組みになっています。


なので外からは履歴を確認することができないような仕組みになっています。

ダッシュ DASHの活用事例

Apple社から認めらており


ビットコインATMサービスの大手のLamassuとも提携をしています。


ビットコインのように今後は日常生活に溶け込んでいくのかもしれません。

ダッシュ DASHのまとめ

匿名性の強いモネロやジーキャッシュと違う点として決済を目的として作られた通貨である。


送金スピード、セキュリティーともにビットコインよりも優れている。


ATMの連携などが進んでおり、これからより広まっていく可能性がある。





p.s
しゅんいちろーが購入したパックコインは
ハードフォークしてダッシュベースの通貨になりました。
匿名性と送金スピードが以前のものよりも向上しています。
パックコインについての記事はこちらです。
【草コイン】草コインを買ったしゅんいちろー【パックコイン】
【草コイン】パックコインを買ったしゅんいちろー【新パックコイン】

ビットコインゴールド  Bitcoin Goldとは

通貨名(通貨単位):ビットコインゴールド  (BTG)
時価総額ランキング:第22位
発行上限枚数:2100万枚

その他、時価総額ランキングは確認することができます。
時価総額ランキング

ビットコインゴールド  Bitcoin Goldの特徴

ビットコインゴールドは10月25日にビットコインがハードフォークして生まれたコインです。


ビットコインのマイニングにはASICというチップによって行われています。


ビットクラブもASICをつかってビットコインのマイニングをしています。


ビットコインのマイニングは競争が激しくなり、個人のレベルでは太刀打ちできなくなっているというのが現状です。


つまりマイニングによる収益が集中しています。


そこでビットコインゴールドはASICでマイニングできなくして


GPUマイニングとして多くの人がマイニングに参加できるような構造にしました。

ビットクラブのマイニングに追加予定?

ビットクラブはビットコインのマイニング以外にGPUマイニングにも事業拡大しています。


ビットコインゴールドがビットクラブのGPUマイニングに追加される予定があります。


ハッシュパワーもどんどん追加していくという発表もありましたし今後のGPUマイニングにも期待できますね。


ビットクラブについてはこちら
マイニングの仕組みがビットコインの存在をさせている!
ビットクラブはドルコスト平均法と複利の両方の効果を合わせ持つ
ビットコインのマイニングをしているビットクラブへ投資する魅力

ビットコインゴールド  Bitcoin Goldのまとめ

現在日本の取引所ではビットコインゴールドは取り扱われていません。


まだあまり日本では注目されていませんが、日本の取引所で上場することがあれば


大きな値上がりが期待できるコインなので今のうちに購入しておくのも一つの選択肢ですね!


ビットコインゴールドはバイナンスで購入することができます。


【ビットコイン】オススメ取引所-Binance

ビットクラブBitclubについてもっと詳しく知りたい方の為に
こちらの記事にまとめましたので見てみてください

↓  ↓  ↓



それではまた!!


ラインアットを作りました。
ビットクラブのセミナー日程やブログ更新といった情報を発信しています。
マイニング投資に興味を持った方やビットクラブについてもっと詳細を知りたい方はこちらから!
その他、暗号通貨の質問受け付けてます!
友だち追加