この記事の所要時間: 231

取引所独自トークンとは

どうも。しゅんいちろーです。


仮想通貨の取引所ではその取引所独自の通貨を発行しているところがあります。


有名なところだと


バイナンスのBNB(バイナンスコイン Binance Coin)、


クーコインのKCS(クーコイン KuCoin Shares)、


QUOINEX(コインエクスチェンジ)のQASH(キャッシュ QASH)です。

取引所独自トークンの強み

トークンを持っていると取引手数料が安くなったり


新たなコインの上場の投票に使われたりします。


取引所が有名になるとその取引所の独自トークンも値上がりする傾向があります。


バイナンスのBNBはICO後に100倍になったことも話題になりました。


QUOINEXの独自トークンのQASHは


ICOを募集して3日間で完売したようです。

取引所独自のトークンのICO

ICOについては以前記事にまとめましたのでよくわからない方はこちら


日本ではGACKTさんが活動しているスピンドルというコインが話題になってますね。


ICO案件 SPINDLE 大城 ガクト
ICO スピンドルの経過とこれから GACKT


ICOとは、資金調達をおこないたい企業が仮想通貨を発行して資金を調達する方法です。


調達した資金は開発費や研究費に使われます。


投機的な考えをするならばICO案件が上場すれば儲けることができて


上場しなければ儲けがないまま損をして終わります。

取引所独自のトークンのICOはどうなの?

取引所独自のトークンの場合はすでに上場が決まっているようなものです。


つまり取引所独自のトークンのICOに参加できた時点


利益が出ることが濃厚なわけですね。


BNBやQASHのICOが人気で即完売した理由がこれですね。

BNBやQASH、KCSが上がる理由

これらのトークンはとても有名な取引所で扱われています。


バイナンスは世界最大の取引量を誇る取引所です。


QUOINEXは日本語にも対応していて日本円の入金が可能です。


クーコインは第二のバイナンスと呼ばれていて今後の成長に期待されています。


QUOINEXは年明けから新規で口座の申し込みが殺到しました。


しゅんいちろーが作るまでに2ヶ月もかかりました。


バイナンスも同様に新規作成を制限していました。


現在は新規応募も落ち着いているようですが


またいつ取引所の口座が作れなくなるかわからないので


まだ開設していない方は作成しておきましょう。


その取引所でしか購入できないコインもあるので作っておいて損はないですね!

それではまた!!


ラインアットを作りました。
ビットクラブのセミナー日程やブログ更新といった情報を発信しています。
マイニング投資に興味を持った方やビットクラブについてもっと詳細を知りたい方はこちらから!
その他、仮想通貨の質問受け付けてます!
友だち追加